【nightsale】 EPSON/エプソン 【オススメ】SF-850PS Wristable ランニングギア (スポーティングブルー)【GPS・脈拍計測・活動量計搭載】-その他

【nightsale】 EPSON/エプソン 【オススメ】SF-850PS Wristable ランニングギア (スポーティングブルー)【GPS・脈拍計測・活動量計搭載】-その他!


★ EPSON/エプソン 【オススメ】SF-850PS Wristable ランニングギア (スポーティングブルー)【GPS・脈拍計測・活動量計搭載】 (SF850PS)

特徴・機能 どんな商品?
GPS機能・脈拍計測機能・活動量計機能搭載
【GPS機能・脈拍計測機能・活動量計機能搭載】
ランナーのための機能が充実。本格的な心拍トレーニングを身近に。
レースも、トレーニングも、普段の健康管理もこれ1台でできる。

国産準天頂衛生システム「みちびき」対応の高精度GPSチップで20時連続稼働。運動能力向上・持久力アップ・体脂肪燃焼など、目的に合わせた運動を行う心拍トレーニングが胸ベルトなしで可能に。高精度に脈拍を計測し、現在の心拍ゾーンを表示。活動量計「PULSENSE」の機能と、更に充実したランナー向け機能と併せて使用することで本格的なトレーニングが可能となります。
人には最大でどの程度の酸素が摂取できるかの限界があり、それを数値化したものがVO2Max(最大酸素摂取量)。本機種ではVO2Maxを推定計測。ランニング時の心肺機能を測る目安や、フルマラソンなどのタイムを予想し、トレーニングやレースの目標が立てやすくなります。







【オススメ】SF-850PS Wristable ランニングギア (スポーティングブルー)【GPS・脈拍計測・活動量計搭載】商品情報
外径サイズ縦57.8×横45×厚さ15.2mm(センサー部除く)、バンド長:130~200mm、重量:約55g、外観仕様/球面ガラス、2重ベゼル
電池リチウムイオンポリマー電池、電池寿命/GPS-ON時(脈拍計測ON時約20時間・OFF時約24時間)、GPS-OFF時(活動量計ON時約60時間・OFF時約16日間)、充電時間(目安)/2.5~3.5時間、充電時電源/DC5V±5%、500mA以上のUSBポート
特長薄型・計量、高機能GPSチップ採用、高精度LCD(液晶反転表示可能)スウェットホール(汗抜き用)採用バンド、5気圧防水機能付、適正動作温度/-5~50℃、インドア使用も可能
計測機能1脈拍計測(HRベルト不要)、VO2max推定計測(最大酸素摂取量)、距離(距離・ラップ距離・予測到達距離)、ペース(ペース・ラップペース・平均ペース)、スピード(スピード・ラップスピード・平均スピード)、ピッチ(ピッチ・ラップピッチ・平均ピッチ)
計測機能2スプリット、ラップタイム、ストライド(ストライドセンサー・ラップストライド、平均ストライド)、標高測定(-500~9999m/-1500~29999ft)、勾配(-99~99%)、累計上昇・下降高度(0~99999m/0~99999ft)、HR(ラップHR・平均HR・最大HR)
活動量計機能「PULSENSE」基本機能搭載(エクササイズ・消費カロリー・歩数・距離・睡眠・こころバランス)
その他機能スマートホン連動(IOS9以降、Android4.4以降、専用アプリ「Epson View」対応(Windows/Microsoft Internet Explorer11以上・Microsoft Edge・Firefox・Google Chrome最新版、Mac/Safari最新版)
付属品充電用クレードル(PCへのデータ転送時にも使用)、クイックガイド、保証書


【nightsale】 EPSON/エプソン 【オススメ】SF-850PS Wristable ランニングギア (スポーティングブルー)【GPS・脈拍計測・活動量計搭載】-その他

【nightsale】 EPSON/エプソン 【オススメ】SF-850PS Wristable ランニングギア (スポーティングブルー)【GPS・脈拍計測・活動量計搭載】-その他

【nightsale】 EPSON/エプソン 【オススメ】SF-850PS Wristable ランニングギア (スポーティングブルー)【GPS・脈拍計測・活動量計搭載】-その他

【nightsale】 EPSON/エプソン 【オススメ】SF-850PS Wristable ランニングギア (スポーティングブルー)【GPS・脈拍計測・活動量計搭載】-その他

【nightsale】 EPSON/エプソン 【オススメ】SF-850PS Wristable ランニングギア (スポーティングブルー)【GPS・脈拍計測・活動量計搭載】-その他

このページのトップヘ