multi charger X2 Pro(マルチチャージャー X2 プロ)【44236】 ハイテックマルチプレックスジャパン [H 44236 X2 Pro]【返品種別B】-バッテリー・充電器

multi charger X2 Pro(マルチチャージャー X2 プロ)【44236】 ハイテックマルチプレックスジャパン [H 44236 X2 Pro]【返品種別B】-バッテリー・充電器!




□「返品種別」について詳しく□
2016年05月 発売


※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。

【商品紹介】
ハイテックマルチプレックスジャパン multi charger X2 Pro(マルチチャージャー X2 プロ)です。

2スロット+半田こてを装備した合計200Wのハイパワー充電器! 

  • 前面に2スロットル合計200Wの充電ポートと、半田ごて専用ポートを装備した実戦派ユーザーに嬉しい機能が充実のハイパワー充電器
  • 配線を前後に振り分けることで、ピットスペースを有効に使用できます
  • 大型LCDスクリーン採用
  • AC/DC対応で使用する場所を選ばず屋内でも屋外でも使用可能
  • WiFi MODULEを接続するとスマートフォンで充電器の操作やモニターが可能


  • 注:Li-HV電池はLi-Po電池に比べ電圧が高く定格電圧:3.8V/充電完了電圧:4.35Vとなる電池です。RC用に今後各社から登場予定です。
    注:Li-HVモードで従来のLi-poを充電すると過充電になりますのでご注意願います。


    【セット内容】
  • X2 Pro本体
  • 日本語取扱説明書
  • AC電源用ケーブル
  • DC電源用ケーブル
  • バランスコネクターボード(JST-XH) 2個
  • 専用半田コテ
  • コテ先(スタンダードタイプ)
  • コテ先(カッタータイプ)
  • 半田コテ台
  • クリーニング用スポンジ
  • 大型ワニ口タイプコード 1個
  • XT-60タイプコード 1本
  • ディーンズタイプコード 1本
  • バナナプラグコード 2本



  • 【商品仕様】
  • 寸法:180×165×72mm
  • 重量:1260g
  • 対応バッテリー:Li-Po、Li-Fe、Li-Ion、Li-HV、Ni-MH、Ni-Cd、PB(鉛)
  • 対応セル数:Li-Po/Li-Fe/Li-Ion/Li-HV:1~6セル、NiMH/Ni-Cd:1~15セル、PB:2~20V
  • 入力電圧:AC100~240V/DC11~20V
  • 充電電流:CH Aポート 0.1A~20.0A(0~200W AC入力時はCH Bポート 出力と合計で200W)
             CH Bポート 0.1A~10.0A(0~100W AC入力時はCH Aポート 出力と合計で200W)
            (DC入力時最大 Aポート 200W/Bポート 100W)
  • 放電電流: 0.1A~5.0A
  • 半田コテ: 最大 60W、200~450℃





  • (※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)

    multi charger X2 Pro(マルチチャージャー X2 プロ)【44236】 ハイテックマルチプレックスジャパン [H 44236 X2 Pro]【返品種別B】-バッテリー・充電器

    multi charger X2 Pro(マルチチャージャー X2 プロ)【44236】 ハイテックマルチプレックスジャパン [H 44236 X2 Pro]【返品種別B】-バッテリー・充電器

    multi charger X2 Pro(マルチチャージャー X2 プロ)【44236】 ハイテックマルチプレックスジャパン [H 44236 X2 Pro]【返品種別B】-バッテリー・充電器

    multi charger X2 Pro(マルチチャージャー X2 プロ)【44236】 ハイテックマルチプレックスジャパン [H 44236 X2 Pro]【返品種別B】-バッテリー・充電器


    UC-K30K-K ユーイング ホットカーペット(3畳相当 ブラック) 【暖房器具】U・ING [UCK30KK]【返品種別A】

    続きを読む

    multi charger X2 Pro(マルチチャージャー X2 プロ)【44236】 ハイテックマルチプレックスジャパン [H 44236 X2 Pro]【返品種別B】-バッテリー・充電器

    このページのトップヘ